迷い猫さんを探しています!

 

「似ている猫を見かけた」「似ている猫を保護している」など

お心当たりの方がいらっしゃいましたら当院までご連絡をよろしくお願い致します!

 

                  もりた動物病院スタッフ一同

 

こんにちは★

最近はジメジメと暑い日が続いていますね汗

体調を崩しやすいのでご注意を!!汗

 

さて、今回からスタッフの相棒たちをご紹介していきます嬉しい拍手!!

まずは、動物看護師の𠮷川からご紹介させていただきますニコ

 

 

私の相棒はウーパールーパーの「のりお」ちゃんです!

のりおちゃんと暮らすようになってからは、ウーパールーパーの可愛さに引き込まれていますkyu♪

 

 

ウパさんは両生類ですが、お家は水槽の中です!

消化が遅いので2〜3日に1回、専用のごはんをピンセットでつかみ、目の前でゆらゆらさせて…パクッ!!!

普段はのんびりですが、食べる時は高速です(驚く笑)

 

水槽のお水は定期的に交換し、水槽も洗っていますゆう★

フィルターを設置して、浄化と同時にお水に酸素を含ませ、快適なお部屋作りを心がけています!

 

のりおちゃんは初めてのウパさんなので色々と苦戦していますが、この表情に癒されていますあ

 

ちなみに、体調管理はお顔の横にある6つのエラを見て確認ひらめき

ふさふさ〜っときれいに揃っていれば元気な証拠!キラほし

 

うん!今日も調子が良さそうです!わらうハート(笑)

 

 

ウーパールーパーは当院で診察は出来ませんが、ご興味のある方、すでに一緒に暮らしている方がいらっしゃいましたら、ぜひお話ししませんか?

 

お待ちしております(笑)

 

次回は、副院長の田中先生の相棒たちをご紹介しますkyu♪

お楽しみに!!!

 

こんにちはSMILY

だんだんスタッフにも慣れてきた様子です。

表情が柔らかくなってきたかな?猫

 

 

昨日は緊張してなかなかご飯を食べてくれませんでしたが、スタッフがご機嫌をとりながらごはんを進めると手から食べてくれましたラヴネコ

 

今日もご飯を食べつつスリスリゴロゴロと甘えてくれましたちゅん

おトイレも我慢していないので安心しています。

 

 

慣れてきたところでお迎えの日が近づいてきました。

美人さんが帰ってしまうのはスタッフもちょっぴり寂しいかもちゅん

 

 

今日は猫じゃらしで一緒に遊びました楽しい猫拍手(笑)

楽しかったねヤッタv

 

おはようございます太陽

ペットホテル中のネコちゃんのご様子ですネコ

まだ少し緊張気味ですが、呼びかけると寄って来て返事をしてくれます苺

 

扉にお顔をスリスリしてます楽しい

可愛いですね(笑)

 

朝の身体検査とお耳そうじではとてもおりこうさんでしたき

スタッフがブラッシングしましたが気持ちよさそうでゴロゴロ甘えてくれましたはーと

明日はもう少し緊張がほぐれてくれるといいなと思っていますちゅん

 

 

 

 

 

 獣医師 田中   動物看護師 吉川

こんにちは楽しい 看護師の𠮷川ですニコ

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 

当院は開院してから半年が経過いたしました犬猫病院

そこで…

改めて「もりた動物病院」をご紹介したいと思います!

まだ当院をご存じでない方は、ぜひ雰囲気を楽しんでいただけたら嬉しいです嬉しい

 

 

まずは、この看板が目印です!

駐車場が3つ。奥の階段をのぼると受付です。

 

病院の外にはベンチとワンちゃん用のリードフックがあります。

 

病院に入ると、季節ごとのお花のアレンジメントがお出迎えしています。

 

受付はこちら。

 

ご来院の際は、ぜひ待合室の掲示板をチェックしてみてください!

 

おすすめのケア商品やペット用商品のカタログなどを置いています。

 

掲示板(検査コーナーやスタッフ紹介など)

 

 

診察室は2つあります。

パネルは当院のキャラクターになっていてスタッフもお気に入りですハート

ちなみに、左の顔が垂れ耳のワンちゃんで右の顔はネコちゃんになっているんです!!

名前は…スタッフに聞いてみてください。(笑)

 

第2診察室のイメージカラーはオレンジです。

 

 

さて、第1診察室のイメージカラーは何色でしょうか?

ヒントは、信号の色です!(笑)

こちらもまた、ご来院の際にチェックしてみてくださいね!

 

ご紹介は以上になりますひらめきいかがでしたか?楽しい

ホームページとは違う雰囲気を楽しめましたでしょうか?

 

次回はスタッフの相棒たちをご紹介予定です!!

乞うご期待ください!!豚

 

 

皆さんこんにちはきらきら

8月のしつけ教室は講師の先生のご都合により第4土曜日(26日)に変更させて頂きます犬

宜しくお願い致しますぺこり

 

ご予約の確認やお問い合わせの際は直接病院へご連絡ください電話

下記の画像をご参照くださいニコッ

 

暑い日が続いておりますので、ご来院の際はご家族もワンちゃんも暑さ対策をお忘れなく太陽水

                                 副院長 田中

 

 

湿気が多くジメジメと暑い日が続いていますね太陽。皆様体調などいかがでしょうか?。

私の愛犬3頭は冷房の効いた部屋でスヤスヤと昼寝をしてたり、コロコロと遊び回ったりとうらやましい限りです(笑)ニコッ

私たちから見ると気楽で何の悩みも無いように見えますが、彼らには彼らなりの悩みや葛藤があるようです。

 

今回は多頭飼育について考えさせられる回でした。

同居のわんちゃん同士の関係性やそれぞれの個性、お散歩・お出掛け時に複数のわんちゃんたちをコントロールする難しさ、

日々生活を送る中で、多頭飼育ならではの悩みや疑問も出てくるのではないでしょうか?

 

ちなみに、私の家では3番目に迎えた子「ちびまめ」が3頭の中でも一番気が強く、先住の2頭にいつもケンカを仕掛けています。どうやら家に来たばかりの頃、ちやほやされたことをしっかりと記憶しているようですちゅん

彼女からすると、立場が一番低いということはわかってはいるものの、

「それでも、私は先輩たちを差し置いて一番かわいがられたんだもん!」「上の立場になれるチャンスは絶対あるっ!」

というところでしょうかDocomo_kao17

そして、なんといっても「若く・体力がある」ということは動物の世界ではかなりの強みのようです筋肉

 

わんちゃん同士の関係性は飼い主がすべてコントロールできるわけではないと思います。

わんちゃんにもそれぞれの個性があります犬ひらめき

悩みも出てくるかと思いますが、多頭飼育ならではの楽しさや喜びもありますよねハート

 

大切なのは家族として一緒に楽しく過ごせるか、お互いの安全を確保してあげられるか、ということではないでしょうか?。

 

「しつけ」と聞くと、難しそう、何となく厳しそうで可哀そう、という印象を持たれている方もいらっしゃるかと思いますが、

お互いが快適に過ごすためのルールづくりと考えてみてはどうでしょう?。

時にはわんちゃんに我慢してもらうこともありますが、同じように私たち側にも守るべきルールがあると思います。

そのルール作りのお手伝いができたら、といつも考えていますちゅん

 

                             副院長  田中

苺ちびまめ苺

最近、疲れやすくなったにゃ。

もっとおもちゃを追いかけて遊びたいけど…

体が重くて…

 

 

若い時はもっとシュッと細くて、たくさん走ってたんだ。

いっぱい遊んで、いっぱい寝て、いっぱい食べてさ〜…

 

 

ん?

 

 

もしかして、去勢してから体重が増えたかにゃ??

そういえば、去勢手術後はホルモンバランスが変化して…

 

・食事量が22%増加

・エネルギー消費量30%減少

 

って獣医さんに言われてたのに、忘れていっぱい食べてたにゃ!!猫・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

と言っても、わんちゃん・ねこちゃんが自分でお皿にご飯をよそって食べている訳ではありません(笑)

愛する我が子の体調・体重管理は飼い主が行うものです。

しかし、いざ挑戦しようとすると色々と疑問点が浮かび上がってきませんか?

 

・ダイエットさせたいけれど、どういう方法が良いのかわからない

・ダイエット用のご飯に切り替えた方がいい?

・運動量を増やせば痩せる?

 

そのせいでなかなかスタートできなかったり、スタートしても途中で不安になったりすると思います。

そんな時は、一度体重を計りに動物病院に来てダイエットについてお話してみませんか?

その子にあった適正体重のカロリー計算も出来ます。

 

疲れやすくなったのは体重が増えたせいなのか、病気は隠れていないか、今の体重はダイエットが必要な体重なのか、ダイエットをスタートする前に動物病院でしっかり体調の確認をすることをオススメしています。

 

正しい体調管理をすれば今より元気に活発になるはずですkyu

 

 

【写真:くるちゃん 7才(男の子・去勢済)、趣味:飼い主の後を追うこと】

 

8月の休診日のお知らせです。

 

8月15日、16日を休診とさせていただきます。

緊急の場合はこの限りではありません。お電話頂ければ可能な限り対応いたします。

 

ご迷惑をお掛けしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

もりた動物病院

こんにちは、獣医師の森田です。

 

今回は歯の話をさせていただきたいと思います。

 

どうぶつも虫歯になったり、歯茎の炎症を起こしたり、それによって歯が抜けてしまうことがあります。

歯みがきは上手くできないことが多く、高齢のどうぶつの多くは、歯の病気を抱えています。

どうぶつにとって、口の中を見られたり、触られたりすることは苦手なことです。

特に歯の病気を抱えている場合は痛みがあり観察することも容易ではありません。

 

 

歯の病気のサインとして、よだれが多く口臭がきついよだれの中に血が混じる固いフードを食べづらそうにする食べた後に口を気にするなどが挙げられます。

しかし、病気のサインがわかりづらいこともあり、年のせいかなんとなく痩せて食が細くなったなぁと思っていたら、歯が痛くて食べたくても食べられなかったというケースにしばしば遭遇します。

 

抗生剤や痛み止めで治療することもありますが、根本的な解決はやはり歯の治療になります。

 

歯の治療は、全身麻酔下で実施するため、高齢どうぶつに麻酔をかけるのは心配とご相談されることがあります。

確かに、高齢になると元気そうに見えても内臓の機能が低下していたり、病気が隠れていたりする場合があります。ですが、麻酔前の全身検査をしっかり行い、体の状況を把握し適切な治療計画や麻酔計画を立てることで麻酔の負担を減らすことが可能です。

 

 

私の親と暮らしている18歳の猫がいるのですが、最近痩せて口を痛そうにしていると相談を受けました。

診察すると犬歯付近の歯茎が赤くなっており、歯肉炎を起こしていました。

数年前より慢性腎臓病と診断され治療をしていたため、腎臓を保護する昇圧剤を投与しながら全身麻酔を実施しました。

口の中を確認すると、犬歯の歯肉炎の他に、診察時には見ることができなかった奥歯に強い炎症を認めました。

さらに、その周囲の粘膜に大きな口内炎があり、これらのせいでフードが食べづらくなっていたと判断しました。

 

 

 

※赤丸の歯に歯石が重度に沈着し、矢印のところの歯が欠けてしまっています。

 

歯石を除去し、歯を磨き、ぐらついている歯を抜歯しました。

麻酔の影響はほぼなく、治療の翌日から食欲が旺盛になりました。

 

体重は徐々に増えており、最近しなくなっていた父の晩酌のつまみをねだるという行為も復活。

迷惑しつつ家族で喜んでいます。

 

 

高齢などうぶつにできるだけ負担をかけたくないという気持ちは我々も同じです。

しかし、適切な治療を行うことで、その後の生活の質をより向上できる場合が数多くあります。

気になることがありましたら、是非、お気軽にご相談ください。

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM