最近、気温が高い日が増えてきましたね天気アセアセ

ヒトも動物も熱中症には十分気を付けましょう水

 

さてしつけ教室も第3回目となりましたき

 

今回のテーマは無駄吠えでした犬

ご家族にとっては無駄に思えても、わんちゃんにとって「吠える」ということには重要な意味があります。

「遊んでよ!」「お腹がすいた!」かもしれないし、「敵が来た!」かもしれません。

 

お家でトレーニングしているけど、なかなかうまくいかないというご相談をよく受けます。

「やめなさい!」と叱っても一向に言うことを聞いてくれないとの声も…犬あせ

わんちゃんにご家族の意思を伝えるのにもコツがあります。

また、吠える原因によってはアプローチの方法が違ってくるかもしれませんおかお(幸せ)

 

なぜそんなに吠えているのか、わんちゃんは何を思っているのか一緒に考えてみませんか?ゆう★

 

第4回目は6月25日(日曜日)開催予定です。

開催時間・費用等は下記をご覧ください。また予約・内容詳細につきましては直接当院へお問い合わせください。

 

 

                        副院長  田中

 

こんにちは鳥看護師の𠮷川です女

 

タイトルをご覧になって驚いた方もいらっしゃるかもしれませんが…

犬糸状虫症(フィラリア症)は犬だけの病気ではなく、蚊に吸血されることによって猫にも感染しますエクステンションびっくり猫汗

猫では突然呼吸が速くなったり、心不全を起こして突然死してしまうこともある恐ろしい感染症です_| ̄|○

 

        【猫がフィラリアに感染すると起こる症状】

           ・咳(初期症状)  ・嘔吐

           ・呼吸困難     ・失明

           ・食欲不振     ・けいれん

           ・体重減少            

 

 

「うちの子は相変わらずとても元気!猫楽しい♪

 …でも言われてみれば、最近になって咳をするようになったかも…

 

暖かくなると、お外でも室内でも蚊は飛んでいます!!

ご自宅のネコちゃんもフィラリア症をチェックしてみませんか?見る

感染の有無は血液検査で判定が可能です病院猫

 

予防薬は滴下薬ですあひょうパンダDocomo80同時にノミ・ミミヒゼンダニ・回虫の駆虫が可能で、予防期間は5月から11月、月に1回の投薬ですてれネコ

 

詳しくは動物病院にてご相談くださいSMILY

 

6月7日(水)の診察についてお知らせします。

 

午前中の診察は院長(森田)が担当し、午後の診察は副院長の田中が担当いたします。

 

ご迷惑をお掛けしますが、宜しくお願い致します。

 

もりた動物病院

こんにちは晴れ看護師の𠮷川ですあひょうパンダ

最近は高齢な動物たちが増えてきていますちゅん

年を取るのはあっという間ですよねエリザベス

加齢とともに筋力が弱くなってきますから、いずれかは寝たきりの生活になる可能性も出てきますkyu

立てなくなったり、寝たきりの生活になっても、毎日を快適に過ごしたい気持ちは人も動物も一緒です楽しい犬猫ウサギハムスター虹

そこで、今回は高齢犬が大好きなお家で快適に過ごしてもらえるようにいくつかご提案させて頂きますSMILY

 

・日光浴

・床材、ストレッチ、マッサージ

・食事、排泄

 

健康体ではあるが筋力低下によりに足がふらつき、歩行が困難で外に散歩に行けなくなったとしても、まだまだ外の景色が見たい子は短時間の日光浴がオススメですァンパンマン♪

毛が密な子は長時間の日光浴は熱中症になってしまいますので、昼夜逆転の防止とリフレッシュが出来れば問題ないので5〜10分程でも十分ですき

 

床材は、伏せの状態・横になって寝ていることが多い子は褥瘡(じょくそう)予防として柔らかいマットを敷くと良いです嬉しい

褥瘡は一度出来てしまうと、治るのにはとても時間がかかり感染を起こしやすく、何より痛いです泣

オススメの素材は通気性が良く、高反発で耐久性があって洗濯OKな『ブレスエアーマット』です手

高反発で寝返りしやすい素材を選んでみてくださいねひらめき

また、同じ体勢で過ごしていると筋肉や関節が硬くなってしまいます筋肉

スキンシップを兼ねて、体全体を撫でるように優しくマッサージをしたり、ゆっくりとストレッチ(関節の曲げ伸ばし)を数回行い、血行を良くするのも毎日を快適に過ごさせてあげるポイントですゆう★
 

食事の際の注意点は、誤嚥(ごえん)・誤飲(ごいん)ですエクステンション

食道に入るものが飲み込む力が弱くなっているため誤って気管に入ってしまい、肺炎を起こすキッカケになりますDocomo_kao18どんっ

その子のペースに合わせたリズムで口に運び、飲み込んだことを確認してから次の食事を口に運ぶと誤嚥・誤飲の予防になります楽しい

 

そして、排泄後はキレイな濡れタオルなどでお尻や股を拭いて清潔に楽しいDocomo_hart

 

毎日の事ですから、困ったことや動物病院でサポート出来ることがあればお気軽にご相談くださいね犬猫病院


 

日光浴で心も体もリフレッシュだワン!!

 

 

 

 

こんにちは 院長の森田です。

 

混合ワクチンやフィラリア・ノミ・ダニ予防の季節となりましたが、皆様治療は開始しておられますか?

また、暑くなり始める時期ですので突然の体調の悪化や熱中症に十分ご注意ください。

 

当院で実施している、検査をご説明をさせていただきます。中には検査ではないものも含まれますが、それに並ぶ重要な診察になりますので挙げさせていただきます。検査は重要な情報をもたらしてくれますが、一つの検査で診断できる病気は多くありません。また、検査の実施に当たりどうぶつにかける負担などデメリットもあるため、その必要性を慎重に判断する必要があります。

 

問診

 

医学用語で、患者に直接生活の内容・体調の変化・経過・以前の病気歴などを聞くことを指します。どうぶつに直接聞くことはできないため、一緒に生活しているご家族からお話を聞くことになります。どうぶつに全く負担をかけず重要な情報が得られる手段であり、これだけで疑わしい病気がかなり絞り込める場合もあります。しかし、病院ではどうぶつが我慢して異常が見つからない場合もあります。

 

ですので、「これって診察に必要なのかな?」と思うことや、「これって話すほどの事なのかな?」ということもぜひお話しください。

 

その情報を組み合わせて疑わしい病気を考え、検査で確認し、診断・治療を行うのが我々獣医師の役割であり、腕の見せ所と考えています。

院長 森田

 

こんにちは虹看護師の𠮷川です猫

今年のゴールデンウイークのご予定はもうお決まりになりましたか?楽しい

 

ご家族と一緒に愛犬・愛猫・愛玩動物たちを帰省先、旅行先に連れていく方もいらっしゃると思います犬猫うさぎハムスター

 

そこで…これを知っておけば安全で楽しい旅になる、3つのポイントはこちらハート

 

 

【エチケットケア】

旅先でもしっかりとマナーを守ってお散歩に出かけると気分もさらにアップですね矢印上き

 

使い捨てのうんち袋やマナーベルト・マナーパンツの他、ネットやペットショップには可愛いエチケットグッズもたくさんありました拍手

 

 ・消臭効果もあり洗濯OKな散歩バック

 ・強力な磁石で車のボディに貼れるマナーバック

 ・ペットボトルのキャップを取り替えてジョーロになるグッズ

 

【車酔い】

旅行には常備薬は持ってると安心です!!犬や猫など動物たちも車酔いはツライものです…悲しい

 

車の移動でいつも吐いてしまう、よだれが出てしまう子に吐き気止めが欲しい場合は、動物病院にご相談ください病院

 

【旅先の動物病院を予めリサーチ】

動物たちも旅先で体調を崩してしまうことも多々あると思います汗

元気・食欲・排便・排尿を毎日、午前・午後と2回チェックするだけでも体調の変化に気付き易いですね楽しい手

 

もしも体調を崩してしまった場合、旅先で近くの動物病院があるかリサーチしておくと安心ですSMILY

 

その他にも脱走や、排泄を我慢して膀胱炎になるケースが多く見られますので(特に猫さん)安全で楽しい旅が出来るように今から余裕をもって準備しておくのも良いかも知れませんねheartheartheart

 

きらきらもりた動物病院 しつけ教室第3回目 開催いたします!きらきら

 

今年もフィラリア予防の季節がやってきましたニコッ

5月初めからの予防が必要となりますので、お忘れの無いようにお願い致します。

 

予防で来院されたご家族からしつけ、問題行動のご相談を受けることも多くなってきました。

 

咬み癖、物に過剰に執着する行動、無駄吠え、家具などへの破壊行動

どれも困ってしまいますよねゆう★

何とかしたいと思いつつ、しつけ教室などの参加に踏みきれないご家族が多いように感じますゆう★

 

今年は一歩踏み出して参加してみませんか?犬

それぞれのワンちゃんに合った丁寧なカウンセリングを受けることが出来ます犬

また、持病のあるワンちゃんも受講可能かどうかお悩みのご家族は

事前に獣医師にご相談ください薬

獣医師とトレーナーが話し合い、持病の程度によっては受け入れ可能な

場合もあります犬Docomo80

 

開催日時、参加費用は下記をご覧ください。

内容の詳細・予約のお問い合わせは直接当院へご連絡ください。

 

副院長 田中

 

 

 

 今回のテーマは「優位性攻撃行動」

ワンちゃんの攻撃性がご家族に向けられてしまう状態です泣き

家族を群れと捉え、ワンちゃんがリーダーとなっている状態で起こりやすいとされます。

群れのリーダーというと、一番偉い・強い、なんでも思うがまま、なんていう印象が強くありませんか?

確かにそういう面もありますね。

しかしこの ”リーダー” という役割、私たちが想像している以上にワンちゃんちゃんにとってプレッシャーとなっていることがあるそうですkyu汗

 

 

リーダーは他の群れ、天敵から仲間を守らなければなりません。

また自分の地位が脅かされる事への恐怖心とも常に戦っています。

 

するとワンちゃんは常に外敵の侵入・群れの仲間の安全を気かけ、仲間からのプレッシャー、

仲間への教育(仲間=ご家族)と、絶えず気を張った状態です。

 

想像するととても大変な仕事ですよね汗。とくに外敵との戦いともなるとワンちゃんにとっては命がけの仕事ですぴのこ:)

 

攻撃的な問題行動はご家族にとって困ってしまうことですが、ワンちゃんにも重荷になっている可能性があります。

ワンちゃんをリーダーという役割から引退させてあげて、リラックスしてお家で過ごしてもらえれば、お互いに穏やかで楽しい日々を過ごせるようになるかもしれませんね犬ハート犬

                                                                                                                                       副院長 田中

 

写真:トレーナーの田中さんと愛犬のボダーコリーさん

こんにちはおてんき看護師の𠮷川です猫

最近は暖かく外へ散歩するのが楽しい季節になってきましたね楽しいひらめき

少し歩くと全身から汗がじわじわ…。

しかし、わんちゃんは全身に汗腺がないため体温を下げるためには浅く速い呼吸(パンティング)に頼るしかありません犬あせあせ

パンティングだけでは体温を上手く調節するのが難しいのですどんっDocomo_kao18

熱中症は夏だけの事故ではなく春から初夏にかけて発生していますアセアセ

5月〜10月までは油断ができません!!! 7月が最も発生が多いです!!!

 

 

【 特に注意が必要なわんちゃん 】

・寒い地方出身(ハスキー・バーニーズ・秋田犬など)

・短頭種(フレンチブルドック、パグ・シーズー・チワワなど)

・足が短く、地面から体が近い犬種(ダックスフンド・コーギーなど)

・病院からダイエットの指示を受けたことがある

・心臓病や呼吸器病、脱水を起こしやすい腎不全や糖尿病などの持病がある

 

【 特に注意が必要な環境 】

・今暮らしている地域よりも気温や湿度の高い地域への旅行・帰省

・夏場のドックラン・昼間のお散歩

・気付くと飲み水が無くなていた

・冷房や扇風機がついていない室内でお留守番

・「ちょっとだけ…」炎天下の中、車内で待たせる(エアコンが付いていても大変危険ですエクステンション

 

梅雨が明けると湿度が高くなりさらに注意が必要ですびっくり

1つでも該当する場合は、日頃の様子に注意して見てあげてくださいね嬉しい

                                                                                                            


ゴールデンウイーク中の診療時間の変更をお知らせします。

 

4/29(土) 通常通り診察

5/3(水) 午前のみ診察

5/4(木) 休診

5/5(金) 午前のみ診察

 

上記以外は通常通り診察致します。お間違えの無いようご注意ください。

 

緊急の場合はこの限りではありません。お電話でご相談ください。


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM