こんにちは。看護師の吉川です。

ゴールデンハムスター「おっとり」の手術1ヶ月後の再診の様子を載せたいと思います。

 

 

体重は術後163g→151gになりました。

食欲はありますが味の好みが変わり、以前食べていたご飯はあまり食べなくなりました。

今は穀物や乾燥野菜と野菜チップ、以前と味の違うペレットを好んで食べています。

手術後1ヶ月で146gになり、ダイエット出来て軽やかにお散歩しています(^-^)

 

 

 

今回は傷口のチェックと歯の診察です。

ハムスターの切歯(前歯4本)は、常生歯=生涯伸び続ける歯です。

通常は、採食や木製のおもちゃなどを齧る過程で自然と削れます。

しかし、手術後に採食のできない状態が続くと歯が伸びて通常より長くなります。

これを放置すると、歯が伸びすぎて採食できない(食欲はあるのに上手く食べれない)という悪循環になってしまうため、正常な長さに歯を切って調節する必要があります。

 

また、手術後〜麻酔から覚めるまでに専用のカッターで自傷による傷口の離開を防ぐために歯を丸く切ります。

しかし、麻酔時間が長い場合は命を優先して歯を切らずに麻酔から覚ますことがあります。

おっとりは麻酔が長かったため歯を切らずに麻酔から覚ましています。

 

さて、おっとりの歯は伸びているのでしょうか?

 

歯を診る時はこのような保定をします。

首の後ろをつまんでいるので見た目は苦しそうに見えるかもしれませんが、教科書にも載っている正しい方法で保定しています(^-^)

 

普段はとても活発ですが、大人しくしてくれています!

 

 

 

お、大人しくしてくれています!!(多少の抵抗は仕方ないですね…(笑))

 

 

切歯はカットしなくても問題なさそうでした。

 

そして、本人は元気ですが食事量が減っているので念入りに口腔内を診ています。

よく見ると舌の表面に小さなしこりがありました。

 

 

 

 

 

診てもらうと、口腔内に傷や出血した様子はないので歯との関連はなさそうでした。

もし、今後大きくなったり食欲が落ちてくるようなことがあればまた再診となりました。

 

しこりについては少し心配が残りますが、本人が元気で食欲もあるので安心しています(^O^)

元気いっぱいな写真が撮れたらまた載せていきたいと思います。

 

 


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM