こんにちは。看護師の吉川です。

どうぶつの五感シリーズの最後は味覚です。

 

【味覚】

味は、舌の表面にある味蕾(みらい)という場所で感じています。

この味蕾の数は、人で約9000個、犬で約1700個、猫で約500個あります。

 

人と比べると大きく差があるのが分かります。

つまり、犬猫のごはんの好き嫌いは嗅覚の方が働いていると言えます。

 

また、同じ味でも人と犬と猫では感じ方が異なります。

 

旨味…犬も猫も旨味を感じます。

塩味…犬も猫も感じますが、猫は犬より感じません。

甘味…猫は甘味を感じることができません。犬は甘味を感じますが、生まれながらのものではなく近年のごはんやおやつに合わせて習得したものです。

 

苦味…犬より猫の方が苦味を敏感に感じます。毒物を味で見分けられるよう敏感になったそうです。

酸味…犬も猫も酸味を感じます。特に猫は酸味を嫌います。

 

 

つまり、私たちと味覚が異なるため、犬や猫にとって毒物となるもの(中毒症状を起こす危険な食材・植物・人間用お薬(人用)など)を毒物と分からず口にしてしまう可能性は十分にあります。

毒物から我が子を守るには、ご家族の協力が必要のようですね。

 

以上、五感シリーズが終わりました(^O^)

いかがでしたでしょうか?

 

私自身、この記事を書くことで改めてどうぶつの素晴らしさに気付かされました(*^-^*)

今後もどうぶつ達と関わる身として色んな事を学んでいきたいと思いました。

 

 

 

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM