こんにちは。看護師の吉川です。

今回は、薬用シャンプーの使用方法ついてご説明させていただこうと思います。

薬用シャンプーは、様々な種類があり、症状に合わせたものを選んで行います。

 

病院で薬用シャンプーを行う場合は事前に予約が必要です。

ご自宅で行う場合は薬用シャンプーを処方させていただきます。

 

 

協力してくれたのは、こちらのシュナウザー君。

 

以前から皮膚に痒みがあり、湿疹もあるとのことで受診してくれました。

毛をかき分けると、ポツポツと胸やお腹や背中に湿疹が…。

自分で掻いているようで赤くなっていました。

 

適切な薬用シャンプーを選んでシャンプーしていきます(^O^)

 

,未襪淌髻38度以下)で、全身の皮膚の表面をまんべんなく濡らします。

※ぬるま湯の温度が高いと、皮膚に刺激を与えてしまいますのでご注意ください。

 

 

 

 

 

∋前に泡立てた薬用シャンプーの泡を体に塗布し、指の腹を使ってすり込むように泡立てていきます。

 泡を作る時は、市販で売られている泡立てネットを使用して細かい泡を作ります。

 細かい泡で洗うと、薬剤が皮膚まで届きやすく、洗浄・殺菌効果が高まります(^^)

 

 

 

 

 

 

痒い所だけでなく、お顔の方も優しくシャンプーしていきます。

目や口に入らないようにご注意ください。

 

 

 

 

洗いながら10分間浸け置きします。

(シャンプーに慣れていない子は無理をせず、待てる範囲で構いません。)

 

 

 

に△残らないように、体を十分にすすぎます。

 

 

 

タ綉い鰺遒箸靴燭蕁乾いたタオルでよく拭き取ります。

Ε疋薀ぅ筺爾鮖藩僂靴覆ら全身を乾かします。

※ドライヤーの熱で、熱中症や火傷を起こさないようご注意ください。

 

薬用シャンプー終了です。

 シャンプーもドライヤーも頑張ってくれました!!

 さっぱり、ふわふわです(^O^)

 

 

シャンプー後は持参のおやつでご機嫌でした(*^-^*)

 

 

薬用シャンプーの使用方法については以上です。

何か不安な事がございましたら、お気軽にご相談ください(^^)

 


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM